忍者ブログ

26Aug

とある考察

Posted by こうのとり(アフロ) in GAME

難しいことを考えるのは、非常に苦手。
小難しい理屈を考えるより、体を使って実行したほうがいい。
とはいえ、へ理屈を捏ねるのは好きだという。
人からよく頭がいいとか言われるけど、ほとんどがハッタリだったりする。

ただ、私のハッタリの場合、高い確立でそのとおりだというから運がいいのか勘がいいのか。
想像力が豊富だったりする。で、とある場所(ゲーム)での課題を考えないといけなくなり、配布された魔法植物を使って何かくすりか何かを作らなければいけない。
考え抜いた末、思いついたのは回復系アイテム(薬)。
多分、多くの人が回復系アイテムを作るだろう事を予想していただけに考えが進まない。
別に入賞を目指そうとかそんなことは考えているはずもなく、単に育てた魔法植物が回収されてしまわないように課題を提出しようと思っただけだったりする。

配布された植物が、非常に癒し系の魔法植物だったりする。
これに、NPCである教師のアイテムを譲り受け、何かを練成。

ひとつ、携帯用アイテム。
ひとつ、癒しである。
ひとつ、キャラがキャラだけに簡単に作れるもの。

特に最後は重要。
ゲームであるだけにキャラを壊してはいけない。
ただ、魔力はかなり高い。知識はそこそこ。
頭はいいかもしれないけど、楽天家で性格的に馬鹿。飽きっぽい。
ついでに言えば、その性格から可愛いものが好き。悪戯が好き。
教師が配布していたアイテムに○○の糸というのがあった。
この糸を使ってぬいぐるみを作ろう。
最初は抱き枕とかのイメージだった。
友達から貰った、髪の毛の糸を使おうと考えていたものの、材料の説明をする段階で相手キャラの髪の毛の材質が共有世界観を壊してしまうかもしれないとか考えてたりした矢先のアイテム配布だった。
身内企画や自分だけの日記だったら、多少の個人設定を使ってもいいんだろうけど、一応曲がりなりにも公式イベントだから躊躇した次第。

とにかくこの糸、ハンカチくらいのものからストールサイズのものしか作れないという。
抱き枕のサイズにするにはちょっと足りない。
なら、サイズを小さくすれば良い。
小さくして、携帯サイズにする。
携帯よりちょっと大きめか。
細かい作業はめんどくさがるので、簡単な編みぐるみということにした。
糸を太くして毛糸くらいにするということで、編みぐるみにした。
これに、前々から出てくる色水を使って色を着ける。
中身に配布された植物を煎じたものを混ぜて作り上げたのが・・・・・しまった、名前をつけていないことに気がついた。


ともかく、即興で作ったにしてはがんばった。
自分的に。
周りからすれば、なんてしょぼいレポートなんだろうと思う。
ほかのレポートを見てみると、細かく材料から考察、作り方の手順や試飲まで、かなり細かいレポートが提出されている。

まぁ、この中に埋もれてしまえば良い。

そんなことを考えつつ、さっさと提出をしてしまう。
後は忘れよう・・・・。<レポートのことは。

魔法植物は、ネタで使えそう。

拍手[0回]

PR

Comment


Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback