忍者ブログ

20Sep

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05Jun

【VANITY of VANITIES】地味に始まっている

Posted by こうのとり(アフロ) in MMO

久々のネトゲレビューな気がしないでもないけど、実はブレイドアンドソウルとか手当たり次第に手を出しているのでご安心を。(ナニ
というか、昨日書いてたものがごっそりと消えてライフが1(レッド点滅)になってしまい、リベンジな今日このごろなので皆、応援してね!っていう程読まれているわけではないのは知っている自虐ネタ。

私生活で、アパートのペンキ塗りが始まって雨戸を閉められ、ペンキ屋あのおじさん(時々おにーちゃん)と雨戸越しに至近距離でゲームをしていたりドキドキっすね!ドキドキは恋と間違うことがあるようなので、気をつけていきたいと思います!!(๑→ܫ←๑)

そんなことはどうでもいいので置いといて。 先日フェーズ1が始まったVANITY of VANITIES、どう略そうかな?とつぶやいたところ、公式がVoVだというので「ボブ?」と教えてくれた人がいたのでボブと略することに。
さて、ボブにログイン。(・`ω・´ノ)ノ

キャラクリは細かい。ものっそ細かい。
AAほどではないかもしれないけど、PSO2より細かい。
でもかなり、AAより自然な感じがする。
素体の女の子、目がでかい。びっくりしたっていうか、怖いと感じるほどにでかくて焦った。(; ・`ω・´)

職業=門派はゲーム内で決めることになるので、ここでは外見のみ。
このゲーム、中国任侠小説(定番らしい)をベースにしているせいか、キャラのブレがない。
奇抜なキャラは作れないようになっている。
世界観を崩す髪型などのパーツはなく、飽くまで小説の主人公ということで中国任侠の定番、長髪結い髪が何種類かある。
男女に各1つずつ現代っぽいのが入ってるけど、ほんとにさり気ない感じでおとなしめのが見られた。
各パーツに数種のテンプレ的なもの、そこに詳細設定があってそれを展開すると細かい位置だの形状をスライダーで確定していく。

何故か体型だけ見逃して作り終えたのは内緒。(๑・㉨・๑)ゞ


スカーフェイスフェチですいません。(´◔ ڼ ◔`)
傷跡大好き。リアル自分の腹にもでかい傷跡があるくらいに!(それは違う)
髪型はほぼ結い髪択一なので、好みに近いものを。でもこれ、クエストで頭装備をもらうようになるとだね…髪型が皆おなじになる。←
頭装備とか、概念はないけど、RPGにするには装備品としてなければ…的な複雑さを感じた。

グラは綺麗。水が綺麗で泳げないのが残念。
衣装の数もそんなにないかなあ?
小説ベースだから奇抜なデザインはないっぽい。
道着のような任侠にありがちなもの。
ただ、染料システムがあったから、色は変えられるようだ。

小説ベースなので、クエストは一本道。
チュートリアル的なクエストにメインストーリーがあって、それを沿って行くから今のとこ自由度はない。
クエスト→ストーリィシーン(ムービーやストーリィID)→完了、の繰り返しで進んでいく。
迷うことはないし、迷ってもクリックで進めるシステムなので、サクサクと進む。
これ、MMORPGでなくて…オンライン小説。
小説の主人公を演じていくもので、ガチなRPGを期待してた人にはがっかりかも知れないし、ドラマ仕立ての役者を演じることが好きな人にはなかなかおもしろいと思う。
新鮮なジャンルじゃないかな?
ガチガチとレベルを上げて行くのではなく、純粋に小説を演る。
敵は妖もいるみたいだけど、暗殺者とか敵の組織の人間。

誰かと一緒に楽しむのはいいけど、PT組んでもほぼソロで進む
前述のとおり、ストーリィシーンは多い。
メインクエストはほぼストーリィシーンに突入してIDに入ってしまう。
ドラマのような展開で進んでいくんだけど、これはPTを組んでいても意味が無い。
終わって合流してから感想を言い合うだけのPTなので、一緒に進んでいくこともなく…。
もしかしたら、レベルカンストしてからのMMORPGなのかもしれない?
ガチ勢はしょっぱなからやらないだろうし、最後まで演る人がいてもストーリィが終わったらもうやらないだろうし。
確かに新鮮で面白いし、グラもキャラもいいけど流行るか?となると「流行らない」んではないかと。
とは言えまだフェーズ1なので化けることもある。
イメージイラストが山田章博さんなのが自分的にはツボ。
残念ながら、フェーズ1になって公式に行ったらエラーで読み込みできなくなってしまったので、不具合メールも出せなくなってしまい、今後の進行状況も見れなくなってしまった。


これといったバグは致命的なのが一点、致命的ではないけど改善して欲しいのが一点。まだストーリィも進んでないけど。
日本語訳がところどころ間に合ってない感じではあり、韓ドラによくあるセリフと字幕がぜんぜん違うという…韓ドラ好きにはいいのかもしれないけど、なんだかちぐはぐさが不快。
バグなのか、キーはちょっとあかんかも。
キー操作自体はマウスクリック、伝統RPG(??←)、FPSがあって最初に選べる。途中から切り替えもできる。
で、自分はFPS視点での操作。
これにすると、フリーカーソルにするコマンドキーがあるんだけど、ボブではCtrl を押すと常時表示されている。
んで、Ctrlを押す。……反応がない。
もうひとつ気になったのが、NPCと話をする時。
NPCと話せと言われてどうやって話すのか説明がなくて小一時間NPCのまわりで走り回ってた。
ようやくマウスの右クリックだとわかったのが飽きてきた頃。
NPCがアクティブにならない状態で右クリックをしていた模様。
しかも、右クリックは攻撃にも使うせいか、NPCに攻撃しとりますがな。( ´థ,_‥థ`)…
NPCには攻撃できない仕様になっているので安心ではあるけど、話をするたびに攻撃しているのはなんともはや…
そして先日昼に入った時に気がついた。
ターゲットカーソルがNPCの下半身如何にあたった状態だと攻撃してしまうらしい。(何故にwwww
上半身に当てて右クリックで攻撃が出なかった。
この微妙な作りはストレスに繋がる…。orz
フリーカーソルの件は、ESCでメニューを出してカーソルを出すことで何とか。
クエストでアクションアイコンをクリックしなきゃいけないことが多いのと、クエストウィンドウがESCで消えてしまったりしてかなり…かなりなわけだけど。




他に面白いと思ったシステム。
面白いというか、萌えた。腐女子的に。←
ターゲットした相手のアイコンを右クリックでメニューが出てくるわけだが、ここでPTに誘ったりフレンド登録したりとありきたりの中、手を繋ぐ、抱きしめるなどの項目を発見。
残念ながら、親密度が必要なのか抱きしめる項目はアクティブになってなかったけど、手を繋いでみた結果。
爆笑。
手を繋ぐを実行したほうが優位に立つのか、相手の手を引いて走り回る。
ジャンプもする。
これはなかなか見た目恥ずかしいくらい。←
恥ずかしいけどやっちゃうのが私クオリティであるが。(・`ω´・ ●)←
ちなみに馬が後で貰えるのだけど、タンデムも出来る。
ちょっと反応が不安定だけど。
エモも結構な数ある。

面白いんだけど、ハマる決定打がない感じではある。
PTを組んでる楽しさとかがないから「ログインするよ!」っていうのがない。
一人で小説を読む(演る)感覚だからだと思う。

と、やっぱ皆同じなのか、フェーズ1で応募もかなりあったと思われるのに(追加あったし)始まったばかりで中は静か…あまり人を見かけない。←
ひっそりとした感じ。

UIとかが微妙に面白いんだけど。
昔あったベルアイルと同じように解像度(画面サイズ)をウィンドウモードでのみ枠を引っ張って決められる。
チャットを外部に押し出すことも。
外に出すと横に長くくっつくわけだけど、決めた解像度にチャット横サイズ(これは枠が決められてるっぽい)がないと「つけられねーYO!」とエラーが出る。
入力フォームは動かないから使いづらそうではある。チャットウィンドウの切り離しも今のとこ見当たらないし、PTだけ別にしたいとかいうのもできないっぽい?
UIを小さくするとフォントサイズも小さくなるのでこれまた微妙。



全体的には一人で暇な時にでもゆっくりしてね。って感じを受けた。←
レベルカンストをするか、ストーリィほっぽるかしないと何もできないような気がする…。


と個人的感想。




おにゃのこは可愛かった。
おとこは凛々しい感じでイケメンが作れるようになってるし、女は自然な感じのかわいこちゃんが作れる。
どっちも世界観を大事にしている感があって好感度が持てる。
課金アイテムとかそういうのが出てきたらどうなるんだろう?
世界観を壊す衣装とか、当たり前に出すのが課金衣装。
そうなり始めてMMORPGはカオスとなる。←

ボブに関してはこの雰囲気を壊さないで突っ切ってほしいなあ。



あ、声優陣も豪華。
っつか、プレイヤーキャラもストーリィシーンでしゃべる。
プレイヤーキャラがしゃべるのって珍しい。
掛け声とかはよくあるけど。
なんどでも言うけど、プレイヤーの自由度よりも原作の小説に対するこだわりがすごい。













老眼が進行してて小さな文字とかが読めない。←

拍手[2回]

PR

Comment


Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字